【2017最新版】auのiPhoneが使える格安SIMまとめ

この記事ではau版のiPhoneが使える格安SIMについてどこよりも詳細に解説している

au回線を使用した格安SIMは、テザリングが使用出来ないなど利用条件がdocomo回線の格安SIMとは異なる。

 au回線だから大丈夫だろうと安易に MVNOを選ばずに、まずはこの記事にしっかり目を通すことをおすすめしたい。

auのSIMロックがかかったiPhoneが使える格安SIM

au回線を使用している格安SIMは現在3社

現在、au回線を利用している格安SIM(MVNO)はUQモバイル、mineo、IIJmioの3社がある

しかし、auのSIMロックがかかったままのiPhoneではUQモバイルとmineoでは使うことが出来るがIIJmioでは使うことは出来ない

IIJmioではauのSIMロックがかかった状態では使用不可

というのもIIJmioのau回線(IIJmioタイプA)はauVoLTE対応のSIMしか提供しておらず、通常のLTE SIMの提供はしていない

そのため、auのiPhoneでIIJmioのタイプAを利用するためには、auVoLTE対応のiPhone6s/6splus/SE/7/7plusで、かつSIMロックを解除しなければならない。

au回線を利用するのにau版のiPhoneのSIMロックを解除しなければならない理由は、auでは自社のauVoLTE通信網を利用している格安SIMに対してSIMロックをかけているためである

また、iPhone5c/5s以前のバージョンによっては動作確認がされていない場合もある。乗り換え前には必ず事前に公式サイトで確認することをおすすめしたい

【公式サイトで動作確認済み端末を確認する】

UQモバイルmineoIIJmio

au回線の格安SIMではテザリングを使用出来ない

現在、au回線の格安SIMであるmineo、IIJmioではテザリングを使用出来ない

というのも、au(KDDI)ではユーザーが自社の回線でテザリングを行う場合の可否(許可すること)を専用のサーバーで管理しており、auユーザーはテザリングを行う際に、一度このサーバーを経由して許可を貰うことでテザリングが可能になる。

しかし、MVNOであるmineoとIIJmioではこの専用サーバーにアクセスする権利が無く、テザリングの許可を貰うことが出来ない。そのため、IIJmioとmineoのau回線プランではテザリングを行うことが出来ないのである。

【au回線のMVNOとテザリングの可否】

au回線のMVNO テザリングの可否
mineo(A) ×
IIJmio(A) ×
UQモバイル

しかし、UQモバイルではUQモバイルのキャリア設定というものが専用サーバーでされているため、UQモバイルだけはauからテザリングの許可を貰うことが出来る

ちなみにUQモバイルでは、au版のiPhone6/6plus/6s/6splus/SEではテザリングが可能だが、現時点ではiPhone7/7plusはテザリングに対応していない。

またau版のiPhoneであっても、SIMロックを解除してからdocomo回線の格安SIMを利用した場合は問題なくテザリングを使用できる

au回線の格安SIMの比較

という訳で、au版のiPhoneをSIMロックがかかったまま格安SIMで使用したい場合には、現状でUQモバイルかmineoの2択になる。

だが一応au回線を使用しているということで、ここではUQモバイル、mineo、IIJmio3社の料金プランとオプションプランを比較しておく。

【データ専用プランの比較】

1GB 3GB 5GB 10GB 無制限
UQモバイル 980円 1980円
mineo 800円 900円 1580円 2520円
IIJmio 無し

【音声通話付きプランの比較】

1GB 3GB 5GB 6GB 10GB 無制限*1
UQモバイル 1680円 2980円
mineo 1420円 1510円 2190円 3130円
IIJmio 1600円 2220円 3260円

*音声通話付きプランの通話料金は3社共に20円/30秒で統一されている

基本プランについて

UQモバイル/mineo/IIJmioの「基本プラン」を比較してみると、UQモバイルの基本プランはデータ容量の選択肢が少なく、IIJmioではデータ通信専用プランが選べないことが特徴的である。

データ容量のバリエーションの充実度に関してはmineoが一番優れていると言えるだろう。

またUQモバイルではデータ容量無制限プランも選択可能である。

音声通話オプション

【mineo】

オプション 5分以内かけ放題 30分間/60分間の無料通話
月額料金 +850円 +840円/+1680円

【IIJmio】

オプション 3分以内かけ放題 5分以内かけ放題
月額料金 +600円 +830円

【UQモバイル】

データ容量2GB 3GB 6GB 10GB 14GB
UQモバイル*1 1980円 2980円 4980円

*1:UQモバイルでは「5分以内の通話し放題」である「おしゃべりプラン」と、60分/120分/180分の無料通話分がついている「ぴったりプラン」のどちらかを選択可。

→UQモバイルの「おしゃべり/ぴったりプラン」は料金システムが複雑なため、UQモバイルの料金プランを徹底解説で詳しく解説している

【音声通話オプション解説】

au回線の格安SIMは3社共にかけ放題プランを用意している。

mineoとIIJmioのかけ放題オプションはシンプルで分かりやすく、単独で基本プランに付けることが可能である。

逆にUQモバイルのおしゃべり/ぴったりプランは、データ通信とかけ放題がセットになっているプランであり、個別での加入は出来ない。また、2年縛りもある。

自分のニーズとマッチすればかなり利便性は高いが、料金システムが複雑であり、2年目以降は料金が値上がりするなど注意点も多い。

【公式サイトで料金プラン詳細を確認する】

UQモバイルmineoIIJmio

auのSIMロックを解除したiPhoneが使える格安SIM

au版のiPhoneでもSIMロックを解除さえしてしまえば、選択できる格安SIMは一気に多くなる。auのSIMロックを解除した場合、iPhone5c/5s以降のバージョンであれば全ての格安SIMで使用可能である。

またau版のiPhoneのSIMロックは条件さえ満たせば簡単に解除できることを知っておいて欲しい。

auのSIMロックを解除できるiPhone

現在、auのSIMロックを解除できるiPhoneはiPhone6s/6sPlus/SE/7/7plusである。

*iPhone6以前のバージョンに関しては公式には対応していない(SIMロックアダプターなどを利用することで非公式にロックを解除する方法はある)

iPhone6s以降に関しては、auの契約日から181日間以上経っていればauにて公式にSIMロックを解除することが出来る

au版iPhoneのSIMロックの解除方法

SIMロックの解除方法に関しては 、au公式サイトのマイページより自分で行う方法と、auショップに直接行きSIMロックを解除してもらう方法の2つがある

SIMロック解除に関するau公式ページ

自分でauのマイページより行えば無料でSIMロックを解除することが出来るが、auショップでSIMロックを解除した場合は3000円の費用がかかってしまうので注意して欲しい。auのマイページからSIMロックを解除するのも特に難しくは無く簡単に出来る。

ちなみにSIMロックを解除する=auを解約するという訳では無いため、とりあえず契約から半年経ったからSIMロックだけ解除しておこうということも可能である。

契約後180日以上経っているのであれば、格安SIMへ今すぐ乗り換えなくてもSIMロックを解除しておくのが一番おすすめである。

まとめ

au版のiPhoneはSIMロックがかかったままでもUQモバイル、mineoの2社を使用することが出来る。

しかし、auのiPhoneのSIMロックを解除さえしてしまえば格安SIMの選択肢は大きく広がるため、この機会にSIMロックを解除してしまうのが良いだろう。

また、auを解約して格安SIMへ乗り換えたいけど「どの格安SIMにすれば良いのか分からない」という人は、以下の記事を参考にしてもらえれば自分に一番適した格安SIMを必ず見つけることが出来る。

*参考:あなたに本当におすすめの格安SIMの選び方

管理人がそれぞれの利用目的に一番適した格安SIMに関して厳選して紹介しているため、ぜひ参考にしてもらいたい。そして、この機会にauから格安SIMへ乗り換えて大きくスマホ代を節約して欲しい。

【ポケットに入れる】