【管理人厳選】au回線の格安SIMを徹底比較!一番おすすめはこれだ!

au回線を利用している格安SIMは現在のところUQモバイル、mineo(マイネオ)、IIJmio(みおふぉん)の3社がある。

しかし、各社で料金プランやオプション内容、回線の特徴は異なるため、自分の使用するスマホや利用用途に合わせて適切に選択する必要がある。

この記事では3社を多方面から比較し、それぞれの格安SIMにしか無いメリットデメリットを明らかにした上で「最もお得な格安SIMの選び方」を説明していく。

au回線の格安SIMへ乗り換えを検討している人の役に立つ記事となっているため、是非とも最後まで目を通していただきたい。

【au回線の格安SIM】料金プラン比較

まずはUQモバイル/mineo/IIJmioの料金プランの比較を行う。

手っ取り早く管理人のおすすめが知りたければページ下部の「管理人おすすめの格安SIMはこれ!」を参考にして欲しい。

基本プランの比較

【データ専用プランの比較】

  1GB 3GB 5GB 10GB 無制限
UQモバイル 980円 1980円
mineo 800円 900円 1580円 2520円
IIJmio 無し

【音声通話付きプランの比較】

  1GB 3GB 5GB 6GB 10GB 無制限*1
UQモバイル 1680円 2980円
mineo 1420円 1510円 2190円 3130円
IIJmio 1600円 2220円 3260円

*音声通話付きプランの通話料金は3社共に20円/30秒で統一されている

基本プランの解説

【データ容量のバリエーションはmineo】

3社の基本プランを比較してみると、UQモバイルの基本プランはデータ容量の選択肢が少なくIIJmioではデータ通信専用プランが選べないことが特徴的である。

データ容量のバリエーションに関してはmineoが一番充実している

【データ容量無制限プランはUQモバイルだけ】

またこの中では唯一、UQモバイルだけがデータ容量無制限プランを提供している。

このプランでは通信速度が500Kbpsに制限されるが、Youtubeの標準画質(360p)であればスムーズに視聴できるため有用性は高い。

*別記事のUQモバイルの詳細評価とメリット&デメリットで詳しく説明している為、無制限プランの詳細が知りたければ参考にしてほしい。

音声通話オプションの比較

【mineo&IIJmioのかけ放題オプション】

3分かけ放題 5分かけ放題 10分かけ放題 30分間/60分間の無料通話
mineo 850円/月 840円/月 1680円/月
IIJmio 600円/月 830円/月

mineoとIIJmioのかけ放題オプションは単独で基本プランに追加することが可能である。

【UQモバイルのかけ放題付きプラン】

  2GB 3GB 6GB 10GB 14GB

おしゃべりプラン

ぴったりプラン

1980円 2980円 4980円

UQモバイルでは「5分以内かけ放題」付きである「おしゃべりプラン」と、60分/120分/180分の無料通話分がついている「ぴったりプラン」が基本プランとは別に用意されている。*単独のかけ放題オプションでは無いことに注意

そのため、mineoやIIJmioなどのように基本プランにかけ放題オプションを追加するということは出来ない。

おしゃべり/ぴったりプランは自分のニーズとマッチすれば利便性は高いが、料金システムが複雑で2年目以降は料金が値上がることや、2年縛りが存在するなど注意点も多いため安易な契約は避けた方が良い。

*UQモバイルの「おしゃべり/ぴったりプラン」の詳細は格安SIMでiPhoneSEを購入するならUQモバイルが一番得な理由で詳しく解説している。

【au回線の格安SIM】通信速度の比較

次にUQモバイル/mineo/IIJmioの通信速度を比較してみる。

格安SIMに乗り換える際、どの格安SIMにするかを決める重要なポイントの一つに「通信速度の速さ」がある

特に格安SIMでは平日の昼に通信速度に大きな差が見られ最も遅い格安SIMでは「昼休みに全くネットに繋がらない」場合もあるために、事前に乗り換え予定の格安SIMの通信速度を確認しておくことは非常に重要である

今回は3社の実測値を計測することで比較検証を行った。

朝・昼・夕の通信速度の比較

 

朝08:00

ダウンロード速度(mbps)

昼12:00(最重要)

ダウンロード速度(mbps)

夕方18:00

ダウンロード速度(mbps)

UQモバイル 27.21 17.60 28.90
mineo(au) 10.57 8.21 10.87
IIJmio(au) 7.78 1.22 6.32

*2017年6月09日、東京・新宿にてiPhone7で計測(計測はSpeedtestを使用)

最も通信速度が速いのはUQモバイル

3社の中で最も通信速度が速く安定しているのはUQモバイルであった。

【UQモバイル】

UQモバイルは回線速度の強化に力を入れており、以前よりUQモバイルの回線速度の安定感は非常に定評がある。UQモバイルの最大のメリットはキャリア並みの通信速度の速さであると言えるだろう。

【mineo】

mineoの速度はUQモバイルと比較すると劣っている感があるが、昼の8Mbpsは格安SIMの中では十分に速いレベルである。

この速度であればネットの利用は問題無く可能である。重ねて言うがmineoの速度は十分優秀で、UQモバイルが優秀すぎるだけである。

【IIJmio】

IIJmioに関しては昼の時間帯で速度が1Mbps台まで低下してしまった。

1Mbps台の通信速度ではウェブサイトの読み込みは可能だが動画の快適な閲覧はかなり厳しい他の時間帯でも速いとは言えないため、速度の遅さを我慢できないのであればIIJmioはやめておいた方が良いだろう。

特徴の比較

最後にUQモバイル/mineo/IIJmioの特徴を分かりやすく一覧表にして比較を行う。

【UQモバイル/mineo/IIJmioの特徴比較】

  UQモバイル mineo IIJmio
通信回線 auのみ au/docomo  au/docomo
au版SIMロック端末 使える 使える 使えない(注意)
通信速度

超速い・安定

速い・安定  昼はかなり低下
通信速度切り替え

 ◯
無料お試し あり(15日間) 無し  無し
データ容量の繰越  ◯
最低利用期間

無し(データ専用プラン)

1年(音声通話付き基本プラン)

2年(おしゃべり/ぴったりプラン)

無し(*1)

無し(データ専用プラン)

 1年(音声通話付きプラン)

MNP即日乗り換え

あり あり  あり

*1:mineoの音声通話付きプランでは、一年以内に他社にMNPした場合はMNP転出手数料として11500円がかかる。13ヶ月目以降は手数料は2000円で統一

管理人おすすめの格安SIMはこれ!

①間違い無いのはmineo

*公式サイト:mineo

格安SIMの初心者に非常におすすめなのはmineoである

基本プランや必要なオプションがモレなく用意されており万能型の格安SIMであるからだ。通信速度も十分に速いレベルであり、乗り換えてから後悔はしないだろう。

また音声通話付きプランでも「最低利用期間・解約金が無い」ことや、実店舗や取扱店舗を構えることによるサポート体制の充実も初心者には安心できる点である。

加えてmineoには「これは嫌だ」というような大きなデメリットも無い。とりあえずハズレの無いau系の格安SIMが良いという人はmineoで問題ない。

②速度重視ならUQモバイル

【UQ mobileご契約促進プログラム】格安スマホのUQモバイル

*公式サイトUQモバイル

UQモバイルは通信速度が格安SIMの中で最も速いことが何よりの特徴である。

基本プランの非充実感は否めないが、とにかく通信速度の速さを最重視するならUQモバイルが一番おすすめである。

また低速度でのデータ通信量無制限プランや、iPhoneSEを同時購入した場合に安くすることが出来るなど、うまく利用すれば非常に利用価値は高い。

③IIJmioはおすすめできない

IIJmioのタイプA(au回線)には大きなデメリットがある。

IIJmioのタイプA(au回線)ではauVoLTE対応SIMしか提供しておらず通常のLTE SIMの提供はしていない。そのためIIJmioのタイプAを利用するスマホは、auVoLTEに対応していることauのSIMロックが解除されている必要がある

auのSIMロックスマホを使いたい場合は、IIJmioでは利用できないのだ。

それに加えてmineoやUQモバイルと比較するとこれといったメリットも無く、正直おすすめは出来ない。au回線の格安SIMへ乗り換えたいのであれば、mineoかUQモバイルから選択することをおすすめしたい。

*公式サイト:IIJmio