【徹底比較】au回線の格安SIM(UQモバイル/mineo/IIJmio)はどれが一番お得か?

au回線を利用しており、au版のSIMロックスマホを利用できる格安SIMは現在のところUQモバイル、mineo(マイネオ)、IIJmio(みおふぉん)の3社がある。

そして、そのそれぞれで料金プランや通信速度、メリット/デメリットは大きく異なる。

そこで今回は各社を比較検証し、その会社にしか無いメリットデメリットを明らかにした上で「最もお得な選び方」を説明していく。

au系格安SIMへの乗り換えを検討している人の役に立つ記事となっているため、是非最後まで目を通していただきたい。

UQモバイル/mineo/IIJmioの料金プランの比較

まずはUQモバイル/mineo/IIJmioの料金プランを比較してみよう。

【データ専用プランの比較】

1GB 3GB 5GB 10GB 無制限*1
UQモバイル 980円 1980円
mineo 800円 900円 1580円 2520円
IIJmio 無し

*1:UQモバイルの無制限プランはデータ通信速度が最大500Kbps(0.5Mbps)に制限されている

【音声通話付きプランの比較】

1GB 3GB 5GB 6GB 10GB 無制限*1
UQモバイル 1680円 2980円
mineo 1420円 1510円 2190円 3130円
IIJmio 1600円 2220円 3260円

*音声通話付きプランの通話料金は3社共に20円/30秒で統一されている

【音声通話のオプション】

【UQモバイル】

  データ容量2GB 3GB 6GB 10GB 14GB
UQモバイル*1 1980円 2980円 4980円

*1:UQモバイルでは「5分以内の通話し放題」である「おしゃべりプラン」と、60分/120分/180分の無料通話分がついている「ぴったりプラン」のどちらかを選択可。

→UQモバイルの「おしゃべり/ぴったりプラン」は料金システムが複雑なため、UQモバイルの料金プランを徹底解説で詳しく解説している

【mineo】

オプション 5分以内かけ放題 30分間/60分間の無料通話
月額料金 +850円 +840円/+1680円

【IIJmio】

オプション 3分以内かけ放題 5分以内かけ放題
月額料金 +600円 +830円

各社の料金プランの特徴

ここでは各社の料金プランの特徴について説明していく。

基本プランについて

UQモバイル/mineo/IIJmioの「基本プラン」を比較してみると、UQモバイルの基本プランはデータ容量の選択肢が少なく、IIJmioではデータ通信専用プランが選べないことが特徴的である。

データ容量のバリエーションの充実度に関してはmineoが一番優れていると言えるだろう。

またUQモバイルではデータ容量無制限プランも選択可能である。

しかしながらこのプランは通信速度が最大0.5Mbpsに制限されているため、快適な動画の視聴が可能であるとは言えず、おすすめできるプランでは無い。

通話定額/無料通話プラン(オプション)について

幸運なことに、au系格安SIMは3社共にかけ放題プランを用意している。

mineoとIIJmioのかけ放題オプションはシンプルで分かりやすく、使い勝手も非常に良いだろう。

逆にUQモバイルのおしゃべり/ぴったりプランは、自分のニーズとマッチすればかなり利便性は高いが、料金システムが複雑であり、2年目以降は料金が値上がりするなど注意点も多い。

UQモバイル/mineo/IIJmioの通信速度の比較

次にUQモバイル/mineo/IIJmioの通信速度を比較してみる。

格安SIMに乗り換える際、どの格安SIMにするかを決める最も重要なポイントは「通信速度の速さ」である

特に格安SIMでは会社ごとで通信速度に大きな差が見られ、中には「昼休みに全くネットに繋がらない」場合もあるほどだからだ。

重ねて言うが、格安SIMヘ乗り換える際には「各社の通信速度を調べておく」ことは非常に大切なことである。

そのため今回は3社の実測値を計測することで比較検証することにした。

①朝(8時)の速度比較

 

ダウンロード速度(mbps)

アップロード速度(mbps)

PING(ms)
UQモバイル 27.21 17.60 50
mineo(au) 10.57 10.21 77
IIJmio 9.78 10.22 89

*2017年3月22日、東京・新宿にて朝の通勤時間帯(8:00)にiPhone7で計測

②昼(ランチタイム12時)の通信速度

 

ダウンロード速度(mbps)

アップロード速度(mbps)

PING(ms)
UQモバイル 32.23 15.60 51
mineo(au) 1.57 6.21 77
IIJmio 1.98 4.21 97

*2017年3月22日、東京・新宿にてランチタイム時(12:00)にiPhone7で計測

③夕方(18時)の通信速度

 

ダウンロード速度(mbps)

アップロード速度(mbps)

PING(ms)
UQモバイル 36.33 22.90 51
mineo(au) 11.09 10.21 77
IIJmio  10.89 10.11 87

*2017年3月22日、東京・新宿にて夕方(18:00)にiPhone7で計測

UQモバイルの通信速度は1日中速い

UQモバイルは1日を通して通信速度が速く、安定していた。

UQモバイルは回線速度の強化に力を入れており、ここ最近のUQモバイルの回線速度の安定感は非常に定評がある。

そのため、UQモバイルの最大のメリットはキャリア並みの通信速度の速さであると言えるだろう。

UQモバイルなら、昼時であっても動画の視聴を問題なく快適に出来ることは間違いない。

mineoは昼の通信速度が遅い

mineoは昼間の通信速度がかなり遅くなる。

今回の測定では昼の時間帯でmineoは速度が1Mbps台まで低下してしまった。

*1Mbps台の通信速度では、ウェブの読み込みは可能だが動画の快適な閲覧は不可能

しかし、mineoは昼休み以外の時間帯では比較的速く安定した速度であり格安SIMの中では優秀な部類である。

IIJmioの通信速度は昼休みに相当遅くなる

IIJmioの通信速度もほとんどmineoと類似していた。

mineoと同じく、昼時に快適な動画の視聴は不可能であるが、他の時間帯では問題ないだろう。ちなみにIIJmioの速度も格安SIMの中では優秀な部類である。

ようするにUQモバイルの通信速度は優秀過ぎるのだ。

参照:UQモバイル公式サイト 、mineo公式サイトIIJmio公式サイト

UQモバイル/mineo/IIJmioの特徴の比較

UQモバイル/mineo/IIJmioの特徴と、それぞれのメリットやデメリットを分かりやすく一覧表にして比較してみることにする。

【UQモバイル/mineo/IIJmioの特徴一覧】

  UQモバイル mineo IIJmio
通信回線 au au/docomo  au/docomo
通信速度

速い・安定

昼は遅い  昼は遅い
通信速度切り替え

 ◯
無料お試し あり(15日間) 無し  無し
データ容量の繰越  ◯
最低利用期間

無し(データ専用プラン)

1年(音声通話付き基本プラン)

2年(おしゃべり/ぴったりプラン)

無し(*1)

無し(データ専用プラン)

 1年(音声通話付きプラン)

利用料金のポイント還元 無し 無し  無し

MNP即日乗り換え

あり あり  あり

*1:一年以内に他社にMNPした場合はMNP転出料金として11500円がかかる。13ヶ月目以降は2000円

UQモバイルの特徴

ここまで見てくれた人はわかると思うが、UQモバイルの1番のメリットは「通信速度が1日中安定」していることである。

そしてUQモバイルの通信速度はau系だけでなく、全ての格安SIMの中でも最上位に位置するほど優秀だ。決してmineoやIIJmioが劣っているわけではない。

だがUQモバイルには解約金というデメリットも存在する。

基本プランでの解約金は「データ通信専用プランは0円」「音声通話付きプランでは12ヶ月以内の解約で9500円」と他社の格安SIMと同内容である。

しかし「おしゃべり/ぴったりプラン」の場合は2年縛りがあり、こちらはしかも更新月に解約しない場合は自動更新されてしまうというから、悪い意味で驚きだ。

格安SIMなのにキャリアの2年縛りと同内容。これはさすがに大きなデメリットだと言わざるを得ない。

*更に詳しく知りたい方はUQモバイルのメリット/デメリットを参考に

mineoの特徴

mineoの1番のメリットはなんだ?と聞かれても答えるのが難しいのが本音。

音声通話付きプランでも「最低利用期間が無い」ことが最大のメリットだと言えなくもないが、1年以内にMNP転出した場合は11500円がかかってしまうため、特別大きなメリットというほどでもない

しかし、mineoの「低価格で多様なプランバリエーション」や「比較的安定している速度」「格安SIMとしては充実したサポート」など、「格安SIMの中ではどれもそこそこ良い」という点が総合的にはmineoのメリットであると個人的には感じる。

つまり「万能型」だ。

mineoには特別優れたメリットも無いけど、これは嫌だというような大きなデメリットも無い。それこそがmineoの特徴である。

参照:mineo公式サイト

IIJmioの特徴

IIJmioのメリットは格安SIMでありながら「通話定額プラン(オプション)」を選べること。

また2016年7月より「シェアプラン」を導入したことにより、スマホ+タブレットなどひとり2台の端末利用はもちろんのこと、音声通話付きプランでのシェアも可能になった。

それに合わせて 5GBのプランが料金そのままで6GBに増量。MNP転入も複数回線でできるので夫婦や家族で利用すればスマホ代が大幅に節約できるだろう。

mineoと同じく格安SIM界では「万能型」である。

参照:IIJmio公式サイト

まとめ

UQモバイル/mineo/IIJmioのそれぞれの特徴はご理解いただけただろうか。

各社を比較検証してみると

・au回線の格安SIMで「昼に、速く快適な通信速度で動画が見たい」ことを求めるならば UQモバイルしかない

・「それほど通信速度を重視しない」「できればサポートが充実してる方が良い」のならばmineo

・家族や夫婦間でシェアプランを利用したいのならばIIJmio

という選択方法が良いだろう。

各個人の利用状況や重視するポイントに合わせて賢く格安SIMを選択し、上手くメリットを利用するのが賢い格安SIMの利用の仕方である。

ぜひとも各プランの特徴をよく知り、後悔の無い乗り換えをして欲しい。

今回の記事が、au系格安SIMで悩める人の役に立てば幸いである。

参照:UQモバイル公式サイト 、mineo公式サイトIIJmio公式サイト