【後悔する前に確認】格安SIMへ乗り換え時の注意点まとめ

全ての格安SIMに共通して言えることだが、大手キャリア3社から格安SIMに乗り換えることで生じるデメリットというのは少なからず存在する。

格安SIMへの乗り換えを検討している方は、事前にそれらをしっかりと把握しておく必要があり、それらを知らぬまま乗り換えると後で後悔することになりかねない。

そこで今回はキャリアから格安SIMへ乗り換える際の注意点として、格安SIMならではのデメリットについて説明していく。

格安SIMへ乗り換える際の注意点

①キャリアメールが使えなくなる

格安SIMでは「〜@ezweb.ne.jpや〜@docomo.ne.jp」などのキャリアメールが使用できなくなる。

そのため、格安SIMヘ乗り換える際に「Gmail」などのPC用メールアドレスを取得する必要性がある。既にGmailを始めとするPC用アドレスを持っている人は、格安SIMに乗り換えた時にそれを使うようにすれば特に問題は無い。

最近ではキャリアメールを利用している人は若者を中心に随分減ったが、年齢層が上の人を中心としてまだまだキャリアメールのニーズがあるのが実情である。

キャリアメールしか使ったことが無い人にとっては「キャリアメールが使えなくなる」ということに初めは不安を感じるかもしれないが、Gmailなどを使い慣れれば何一つ不自由では無くなるため問題は無い。

②昼の通信速度が遅い

キャリアを使用している時は通信速度の遅さに悩んだことはほとんど無いだろう。

しかし、格安SIMでは12:00〜13:00頃の「昼」に通信速度が激しく低下する。

通信速度の遅い格安SIMを選んでしまった場合は「昼休みに全く使えない」状態になり、最悪の場合は朝の通勤時間帯や、夕方の帰宅時間帯もネットに繋がらない状態になる場合もあるため注意しなければならない。

現状、格安SIMでキャリアと同じように通信速度が1日を通して安定して速いのはUQモバイルだけである。格安SIMでも一日中快適な通信速度でデータ通信を利用したいのであれば、現在のところUQモバイルしか選択肢は無い。

UQモバイル以外の格安SIMを選択する際は、昼時に通信速度が遅くなることを受け入れる必要がある。

③手厚いサポートを受けることが出来ない

キャリアでは何かあった時に、ドコモショップなどのキャリアショップに行けばなんでも対応してくれる。

しかし、ほとんどの格安SIMではキャリアショップが存在しないため、何かトラブルがあった時は電話やチャット、メールでの対応がメインとなるため注意しなければならない。

そのため、格安SIMではプロのスタッフから対面で手取り足取り教えてもらうというのを望むことは出来ない。当然、申し込みや契約も各自ネットから行う必要性がある。

何かあった時のサポートを一番に望む人はキャリアを利用していた方が幸せだろう。

ちなみに現在、キャリアに近いレベルのサポートを受けることが出来る格安SIMはmineoだけである。

*公式サイト:mineo(マイネオ)

mineoでは少ないながらも「mineoショップ(実店舗)」を構えており、加えて全国各地に「mineo取扱店舗」も存在している。

この取扱店舗がなかなかに便利で、対面での契約申し込み・初期設定のサポート・自宅訪問サポートなどが出来るため、何かあったらほとんどの場合でサポートしてくれる。

他にも、イオンモバイルには全国各地のイオンに実店舗があり、対面での販売を行なっている。

だが、対面での契約や料金プランの相談に乗って欲しいといったニーズは満たしてくれるだろうが、決してキャリアのような手厚いサービスを受けられるかという訳では無いので注意が必要である。

*マイネオ評価記事:mineoの評価とメリットデメリット

④自分のスマホが使えない場合がある

格安SIMでは、各社により使用している通信回線が異なるためauやソフトバンクなどのSIMロックがかかっているスマホでは、利用できる格安SIMが限られてしまうため注意しなければならない。

また、スマホ端末のバージョンによっては格安SIMが使用できない場合もあり事前に確認しなければならない。

例えば、iPhoneであればiPhone5c/5s以降のバージョンであればほとんどの格安SIMで問題なく使用可能である。しかし、iPhone5以前のバージョンでは使用できない格安SIMの方が多い。

そのため、自分の持っているスマホが使用できない場合は新しいスマホ端末を用意する必要性がある。

⑤支払い方法はクレジットカードがメイン

キャリアでは料金支払い方法を、「銀行振込」や「コンビニ支払い」なども選べるが、ほとんどの格安SIMでは支払い方法はクレジットカード一択であるため注意が必要である。

中にはLINEモバイルのLINE payや、楽天モバイルの楽天ポイント支払いなどの独自の支払い方法を用意している格安SIMもあるが、基本的にはクレジットカードがなければ利用することは出来ない。

そのため、格安SIMに乗り換える際には事前にクレジットカードを発行する必要性がある。

まとめ

格安SIMに乗り換える際の注意点は以上である。

格安SIMは「不必要なものを省く」ことで料金の低価格化を実現しており、そのことを考慮すると仕方のない部分もある

そのおかげで、格安SIMに乗り換えることで年間何万円もお金を節約できるという大きなメリットも存在する。

要はデメリットを受け入れるかどうかが、格安SIMに乗り換えて後悔するかしないかの重要なポイントなのである。

【ポケットに入れる】