【契約前に知っておきたい】LINEモバイルのプラン変更方法と注意点

この記事ではLINEモバイルのプラン変更方法と、契約前に絶対に知っておきたいプラン変更時の注意点について分かりやすく簡潔に説明しています。

LINEモバイルのプラン変更方法

料金プランの変更は簡単に可能

料金プランの変更はLINEモバイルのマイページより簡単に可能です。プラン変更をした場合は申し込みした月の翌月より変更したプランが適応されます。

*例:2017年3月24日にプランAからプランBへ変更した場合

→2017年4月1日よりプランBが適応されます。

データ容量の上限変更も可能

また「データ容量を3GBから5GBへ変更したい」など、月のデータ容量の上限の変更も同様に可能です。この場合も申し込み月の翌月より、変更後のデータ容量が適応されます。

プラン変更した場合でも前月の残データ容量は引き継がれます

プラン変更時の注意点

プランを変更する際にはいくつか注意点があります。

①サービスタイプ(SIMタイプ)の変更は出来ない

料金プランの変更は出来ますが、例えば「データ専用プラン」から「音声通話付きプラン」などのサービスタイプ(SIMのタイプ)の変更は出来ません

【サービスタイプとは以下のA〜Cのこと】

A:データ通信専用

B:データ通信+SMS

C:データ通信+SMS+音声通話

*例えばAからCプランへの変更や、BプランからCプランへの変更は出来ません

もしもデータ専用プランで契約し、音声通話付きプランヘ変更したい場合は一度契約を解約し新たに契約しなおす必要があります。その逆の場合も同様です。

電話番号はSIM本体に登録されているため、LINEモバイルだけではなく、他社の格安SIMでもSIMタイプ(サービスタイプ)の変更をするためには解約が必要になるため注意してください。

②SIMサイズの変更は有料

意外と見落としがちですが、SIMサイズの変更はSIMカード交換手数料が3000円もかかってしまいます。

そのため、申し込み時に使用するスマホ端末のSIMサイズをしっかり確認することが大切です。

nanoサイズのSIMを選択するのがおすすめ

microサイズのSIMカードをnanoサイズのSIMカードとして使用することは不可能ですが、nanoサイズのSIMカードはアダプターを使用すればmicroサイズのSIMカードとして使用できます

nanoサイズとmicroサイズの両方のスマホでも使いたい場合は「nanoサイズ」での契約がおすすめです

*参照:LINEモバイル公式サイト:http://mobile.line.me

まとめ

LINEモバイルのプラン変更に関する疑問は解決できましたか?

繰り返すようですが、サービスプラン(SIMタイプ)の変更は出来ないためLINEモバイルへの申し込み前には「音声通話付き」か「データ専用」かをしっかり決めておくことが大事です。

申し込み後に「やっぱり電話番号付きがいいや」と思ったら一度解約しなければなりません

しかし、料金プランやデータ容量の変更は契約後でもLINEモバイルのマイページより簡単に変更出来るので、データ容量やプランを決めきれなくても安心して申し込んで大丈夫です。

*参照:LINEモバイル公式サイト:http://mobile.line.me