LINEモバイルのデータプレゼントについて

この記事ではLINEモバイルのデータプレゼントの特徴やメリットと使い方について分かりやすく説明しています。LINEモバイルのユーザーや、乗り換えを検討している方の参考になれば幸いです。

LINEモバイルのデータプレゼントとは?

友達や家族にデータ容量を送れる

LINEモバイルのデータプレゼントとは、他のLINEモバイルユーザーに「自分のデータ容量を贈ることができる」LINEモバイル独自の機能です。

データプレゼントの特徴とメリット

例えば、友達がその月のデータ容量を使い切ってしまった場合に、自分のデータ通信量を分けてあげることで友だちの通信速度制限を回避することが可能です。

また、自分のデータ容量を使い切ってしまった場合も友達や家族からデータ容量をもらうということも可能です。利用は当然無料で、利用方法も簡単ですので誰でも使用可能なサービスになっています。

LINEモバイルのデータプレゼントの使い方は?

LINEモバイルのデータプレゼントは以下の4ステップで利用可能です。

①LINEモバイルの公式アカウントと友達になる

LINEモバイルのデータプレゼント機能を使うためには、まずLINEモバイル公式アカウントと友だちになります。

②利用コードを確認する

LINEモバイルの「マイページ」へログインしましょう。

マイページの「契約者情報」にて「利用コード」を確認できます。

③利用者連携を行う

LINEモバイル公式アカウントのメニューから「利用者連携」を選びます。そして、「利用コード」を入力することで、利用者連携が可能です。

利用者連携とは?

LINEモバイルの契約者が登録した”利用者”のLINEアカウントとLINEモバイルの契約を連携させることで利用者がLINEモバイル公式アカウントのメニューからデータ通信の利用量参照やデータプレゼントを利用することができるようになること。
 

④データをプレゼントする

利用者連携を済ませた後、LINEモバイルの公式アカウントメニューから「データプレゼント」を選択します。選択すると、利用者連携をした友人が一覧で表示されるため、そこからデータをプレゼントしたい相手を選択します。

データプレゼントは500MB、1000MB、1,500MB、2,000MB、2,500MBから選ぶことができます。

まとめ

LINEモバイルのデータプレゼントは無料で使えるLINEモバイル独自のサービスです。

家族だけでなく友だちとも高速データ通信容量をシェアできるので、知り合いにLINEモバイルユーザーがいる場合はかなり利用価値のあるサービスだと言えるでしょう。

このサービスを上手に利用すれば、スマホ代を安く抑えつつも余ったデータ容量を有効利用できるのでぜひ利用したいところですね。

【ポケットに入れる】