【解説】エントリーコードを利用して事務手数料を無料にする方法

この記事では、amazonで販売されているLINEモバイルエントリーパックを利用してLINEモバイルの契約事務手数料3000円を無料にする方法を説明しています。「LINEモバイルに出来るだけお得に乗り換えたい」という人はぜひ参考にしてください。

LINEモバイルの事務手数料とは?

LINEモバイルでは契約時に事務手数料として3000円が必要になります。

ですが、この契約事務手数料は事前にamazonで販売されている「LINEモバイルエントリーパッケージ」を購入して「エントリーコード」を入手してから申し込めば無料にすることが出来ます。

え?無料って得じゃない?

LINEモバイルエントリーコード(パック)とは?

amazonや一部の店舗で購入可能

LINEモバイルのエントリーパックはamazonと一部の店舗(ヨドバシカメラ・ビックカメラなど)で販売・購入可能です。

取り扱いの店舗一覧はLINEモバイルの公式サイトに記載されています。

*参照:LINEモバイル公式サイト

中には16桁のエントリーコード

エントリーパックの中には16桁のエントリーコードが記載された紙が入っています。

LINEモバイルに申し込む際に、記載してある「16桁のエントリーコード」を入力することで契約事務手数料3,000円が免除・無料になります

*注意点

エントリーパックに「SIMカード」は入っていません。SIMカードはLINEモバイルの申し込みが完了後にLINEモバイルから直接送られてきます。

SIMカードも入ってるのかと思ったわ

LINEモバイルエントリーパックの値段は?

amazonで購入するエントリーパックは別途費用がかかります。2017年3月現在の値段は音声通話SIM、データ通信専用SIMともに990円になります

そのため、LINEモバイルエントリーコードを利用して申し込んだ場合は2010円の節約が可能になるということになります

なんだ〜3000円丸々無料になるわけじゃないのね
う〜ん確かに手間を考えるとめちゃくちゃお得というわけでも無い気が・・

LINEモバイルエントリーコードを利用した申し込み方法は?

①amazonでLINEモバイルエントリーパッケージ(パック)を購入する

エントリーパックはSIMカードのサイズ、端末の種類(iPhoneやAndroid)に関わらず1種類ずつしかありません。以下のリンクをクリックで直接amazonのページに飛びます。

▶︎データ専用SIM(SMS付き)エントリーパックをamazonで購入

▶︎音声通話SIMエントリーパックをamazonで購入

*通常料金は3000円と表記がありますが、実際は常に990円で販売されています。

②LINEモバイル申し込み時にエントリーコードを入力して申し込む

amazonからLINEモバイルエントリーパックが届いてからLINEモバイルに申し込みをします。

まずはLINEモバイル公式サイトの申し込みページへ行きましょう。

そして「申し込み方法選択画面」にて「コードを使用して申し込み」を選択します。

この画面でコードを入力するわよ

この画面でエントリーパックの中に入っていた16桁のエントリーコードを入力します。

入力後は普通に申し込みを進めていけばエントリーコードは適応されますので安心してください
LINEモバイルへの乗り換え方法はこちらの記事が参考になるわよ

▶︎au/docomo/softbankからLINEモバイルへのMNP乗り換え方法

③申し込みが完了後、LINEモバイルからSIMカードが送られてくる

申し込みが完了し、本人確認が完了したという通知が来たら、数日後に自宅にSIMカードが届きます。

そして後日「利用料金請求」の際、初期費用の事務手数料がエントリーコードの適応によって免除されています。

これで事務手数料3000円が無料になるってわけね

エントリーコードはLINEモバイル申し込み時だけ必要な16桁の数字

ここまで読んでいただいた方はご理解いただけたかと思いますが、エントリーコードは申し込み時に入力する16桁の数字のことであり「申し込み時のみ」に必要になるだけです

なので難しく考える必要はありません

amazonや店舗で購入するという一手間で2000円ほど節約出来ますから、時間のある方は利用してもいいかもしれませんね

手間が面倒という人は普通に申し込むのが一番楽だわよ

*参照:LINEモバイル公式サイト

【ポケットに入れる】