【確認必須】LinksMate(リンクスメイト)で使えるiPhoneの条件と注意点

この記事ではLinksMate(リンクスメイト)のSIMカードを使用できるiPhoneのバージョンと条件、iPhoneをLinksMateで使う際の注意点について説明しています。

乗り換え後に後悔しないためにも、自分のiPhoneが使用可能かどうか必ず確認しておくことをおすすめします。

LinksMateで使用出来るiPhoneの条件

LinksMateでは動作確認テストの結果、iPhoneに関しては以下のバージョンとキャリアごとの条件でLinksMateのSIMカードが正常に動作することが確認されています

またLinksMateでは「docomo回線」を使用しているため、docomo版のiPhoneであればSIMロックを解除することなくそのまま使うことが出来ます。

ただし、au/ソフトバンク版のiPhoneはSIMロックを解除する必要性があるので注意してください。

【LinksMateで使用可能(動作確認済み)iPhone一覧】

*▲:SIMロックを解除すれば使用可能

  SIMフリー版 docomo版 au版 ソフトバンク版
iPhone X 動作確認実施中
iPhone8plus
iPhone8
iPhone7plus
iPhone7
iPhoneSE
iPhone6splus
iPhone6s
iPhone6plus *au/ソフトバンクではiPhone6/6plus以前のiPhoneはSIMロック解除対象外のため解除不可
iPhone6
iPhone5s
iPhone5c
iPhone5以前

動作確認

未実施

動作確認

未実施

*参照:リンクスメイト公式サイトhttps://linksmate.jp

①ドコモ版のiPhoneの使用条件

LinksMateはドコモの回線を借りて運営されています

そのためドコモ版のiPhoneであれば、「5c以降〜iPhone8/8plus」であればSIMロックを解除することなく、そのままLinksMateで使用することが可能です。

わざわざSIMロックを解除する必要はありませんので注意してください。

テザリングの可否

LinksMateでドコモ版のiphoneを使用する場合、テザリングは使用可能です。

②au版のiPhoneの使用条件

LinksMateはドコモ回線を借りて運営されているため、auのSIMロックがかかっている状態のiPhoneはそのままでは使うことができません。

iPhone6s〜であれば、auにて公式にSIMロックを解除することが出来るため、SIMロックを解除すればLinksMateで問題なく使用することが可能です。

テザリングの可否

au版のiPhoneをSIMロックを解除してLinksMateで使用する場合はテザリングは使用可能です

③ソフトバンク版iPhoneの使用条件

LinksMateはドコモ回線を使用しているためソフトバンクのSIMロックがかかっている状態のiPhoneは、au版と同様にそのままでは使うことができません。

iPhone6s〜であれば、ソフトバンクにて公式にSIMロックを解除することが出来るため、SIMロックを解除すればリンクスメイトで問題なく使用することが出来ます。

テザリングの可否

ソフトバンクのSIMロックを解除したiPhoneをLinksMateで使用する場合はテザリングを使用可能です。

iPhoneのSIMロックは無料で簡単に解除できる

au/ソフトバンクのiPhoneのSIMロック解除は、実は条件を満たしていれば今すぐに、しかも無料で解除することが可能です。

以下にその方法を説明していくので、iPhoneのSIMロックを解除したい人は是非とも参考にしてください。

*SIMロックやSIMフリーについてよく分からないという人はSIMロックとSIMフリーとは?を参考にしてください。

①iPhoneのSIMロックを解除できる条件

まずは自分の使っているiPhoneがau/ソフトバンクで「いつから使用(契約)しているか?」確認してみましょう。

現在、auとソフトバンクでは端末のSIMロックを解除するには「条件が二つ」存在します。

SIMロックが解除できる条件

①2015年5月以降に発売されたandroid端末、もしくはiPhone6s以降のバージョンであること(au、ソフトバンクともに)

契約日から101日以上が経過していること(au、ソフトバンクともに)

上記の条件を満たす場合、キャリアにて公式にiPhoneのSIMロックを解除することが可能です。

②iPhoneのSIMロックを解除する方法

キャリアにてiPhoneのSIMロックを解除するには以下の二つの方法があります。

SIMロック解除法

①auショップ、ソフトバンクショップに直接iPhoneを持って行きSIMロックを解除する

→au、ソフトバンクともにSIMロック解除料:3000円がかかってしまう

②オンラインの窓口(MY SoftbankまたはMy au)で自分で手続きをし解除する

→この方法では無料でSIMロックを解除出来る

キャリアのショップに持ち込むと3000円がかかってしまうため、自分でキャリアのオンライン窓口からSIMロックを解除してしまうのが一番良いでしょう。

また、オンラインでSIMロックを解除しようとすると「データが消失する可能性がある」などの警告文が表示されます。

それらはキャリアを解約させないための策略でしか無く、データが消える事は全く無いため無視して問題ありません。

LinksMateでiPhoneを使う際の注意点

①契約時はnanoSIMカードを選択

LinksMateで契約する際にSIMカードのサイズを選択する必要があります。

iPhoneで使用する場合は「nanoSIMカード」であるため間違えないように注意してください。

*ちなみにiPhone4sまではmicroSIMカードが採用されており、iPhone5以降は全てnanoサイズのSIMカードです。

②データ通信を行う前にAPN構成プロファイルをインストールする必要がある

LinksMateのSIMカードが届き、自分のiPhoneでSIMカードを使う際には、データ通信を行う為にAPN構成プロファイルというファイルをインストールする必要があります。

*APN構成プロファイルは公式サイトより簡単にダウンロードが可能です。

その後の複雑な設定は特に必要はなく、ダウンロードさえ行えば完了です。APM構成プロファイルのインストールは誰でも簡単に出来るので安心して大丈夫です。

まとめ

LinksMateで使えるiPhoneのバージョンや条件、LinksMateでiPhoneを使う際の注意点は以上です。

使用条件を満たしたiPhoneに関しては、LinksMateで今までのキャリアと同じようにiPhoneを使えると考えて良いでしょう。

電波が悪くなる、機能が劣るなどの心配も一切ありませんので安心して乗り換えて頂ければと思います。

*申し込みはこちらより可能です

→リンクスメイト公式サイト:https://linksmate.jp

【ポケットに入れる】