【徹底解説】楽天モバイルの評価/速度の評判とメリット&デメリット

この記事では格安SIM楽天モバイルの料金プランやオプションを他社と比較し、楽天モバイルならではの特徴やメリット・デメリットを解説していく。

また楽天モバイルの速度に関しても実測値を元に評価。

楽天モバイルを始めとする格安SIMへの乗り換えを検討している人の役にたつ記事になっているため、ぜひとも最後まで目を通していただきたい。

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルの特徴を簡単に説明すると

・楽天ポイントなどの楽天サービスとの連携

・スマホ端末を低価格で販売

・格安SIMで初めて「無制限かけ放題」を導入

この3つが楽天モバイルの特徴であり、強みでもある。

楽天モバイルの料金プラン

*楽天モバイル公式サイト:料金プラン詳細

楽天モバイルではデータ通信量に応じて選べる基本プランと、データ通信+音声通話+5分以内かけ放題+スマホ端末が全てセットになったプランであるコミコミプランの2つのタイプがある。

①基本プラン

【基本プラン】

ベーシック*1 3.1GB 5GB 10GB 20GB 30GB
データSIM*2 525円 900円 1450円 2260円 4050円 5450円
050データSIM 645円 1020円 1570円 2380円 4170円 5520円
音声通話SIM 1250円 1600円 2150円 2960円 4750円 6150円

【データ容量の追加購入】

100MB 500M 1GB
料金 300円 550円 980円

*1ベーシックプランは最大速度が「200Kbps」に制限されている。容量は無制限。

*2:データSIMは「データ通信専用」、050データSIMは「データ通信+SMS機能」、音声通話SIMは「データ通信+SMS機能+音声通話機能」

*3:音声通話の国内通話料は20円/30秒

【音声通話オプション】

・無制限かけ放題:月額:2380円

・5分以内かけ放題:月額850円(5分を過ぎた場合は、通話料10円/30秒)

「楽天でんわ」という専用のアプリから電話をする必要があるが、電話回線を利用するため途中で途切れることはない。

また相手にも自分の電話番号が正しく通知されるために、通常の電話と同じように電話することが可能。

【端末保証オプション】

つながる端末保証:月額500円

楽天モバイルで購入した以外のスマホ端末で、全ての楽天モバイルユーザーが「月額500円で申し込み時のみ」加入可能。

保証内容は、故障や水濡れ、落下などによる破損時に「無償での修理」「修理不可の場合は有償での新品端末への交換」が可能。

・端末保証:月額500円

端末同時購入で契約時のみ加入可能。保証内容はつながる端末保証と同じ。端末交換時の負担金に関しては端末ごとに設定されている

②コミコミプラン

コミコミプランは「データ通信+音声通話+5分以内かけ放題+スマホ端末」が全てセットになったプランである。「新規契約時のみ」加入が可能だ。

【コミコミプランの料金一覧】

月額料金 データ容量 選べる端末
コミコミプランS

1880円(1年目)

2880円(2年目)

2446円(3年目)

2GB

AUSU Zenfone GO

ZTE BLADE

コミコミプランM 2480円(1年目)

3480円(2年目)

2230円(3年目)

2GB

SHARP AQUOS SH-M04

SHARP AQUOS SH-RM02

HUAWEI P9 Lite

コミコミプランL

2980円(1年目)

3980円(2年目)

2613円(3年目)

4GB

FUJITSU ARROWS M03

ASUS Zenfon 3

コミコミプランLL

3480円(1年目)

4480円(2年目)

2696円(3年目)

4GB HUAWEI Honor 8

コミコミプランは一見するとお得に見えるが注意点や落とし穴が多く存在する。

ここでは一つずつ解説していくので、検討している方は必ず目を通すことをおすすめしたい。

注意点①最低利用期間あり

コミコミプランは全てのプランで最低利用期間が2年間と設定されている。

そのため2年以内で「コミコミプラン」を解約した場合は違約金12000円を支払う必要がある。

注意点②5分かけ放題オプションにも最低利用期間あり

さらに、コミコミプランでは「5分かけ放題オプション」にも最低利用期間と解約金が設定されている。

最低利用期間は2年間で最低利用期間内の解約は12,000円と、コミコミプランを解約する場合と全く同じ条件だ。

月の通話料金が850円を下回るようになり5分かけ放題オプションが不要になったとしても、2年以内でも解約は解約違約金がかかる点は大きな落とし穴である。

また、かけ放題オプションを12000円の違約金を支払って解約し、その後に楽天モバイルを解約した場合はダブルで解約金が発生することはない。

注意点③2年目以降は月額料金が1000円アップ

上記の料金は「1年目」の月額料金である。2年目以降は1000円アップする。

3年目以降は、端末代分が免除されるため各プラン共に大きく月額料金が下がる。

注意点④基本プランの「初月無料」は適応されない

楽天モバイルの基本プランは「利用開始初月は月額料金が無料」であるが、コミコミプランは初月からセット料金が満額かかる。

注意点⑤コミコミプランにも速度制限あり

楽天モバイルの基本プランでは「3日間の通信量が一定量を超えると速度が最大200kbpsに制限」されるが、コミコミプランにも同様の速度制限ルールがある

各プラン毎の制限は次のとおり。

コミコミプランS:400MB/3日間

コミコミプランM:400MB/3日間

コミコミプランL:800MB/3日間

注意点⑥端末分割購入時の手数料を0にするには楽天カードのみ

コミコミプランは端末を24回の分割で購入できるが、分割手数料がかからないのは楽天カードのみである。

楽天カード以外のクレジットカードで端末代金を分割で支払う場合は、各クレジットカード会社が定める「分割手数料」がかかる点に注意したい。

楽天モバイルのメリット

ここでは楽天モバイルならではのメリットに関して説明していく。

楽天ポイントや楽天市場との連携が利用価値大

①利用料金の1%が楽天ポイントとして還元される

楽天モバイルでは利用料金の1%が楽天ポイントとして還元される

楽天モバイルの料金を楽天カードで支払いすれば合計2%のポイント還元を受けることが可能だ。

②楽天ポイントで料金の支払いが可能

しかも、楽天モバイルでは楽天ポイントでの料金支払いが可能である。

楽天市場を多用する人で楽天ポイントが貯まっている人は全額ポイントだけで支払えてしまうだろう

③音声通話SIMで契約した場合、楽天市場でもらえるポイントが2倍に

また、音声通話SIMで契約した場合は楽天市場での買い物でもらえるポイントが常に+1%アップする。

上記のようなメリットがあるため、楽天市場を多用する人は自分の使用用途と楽天モバイルの料金プランがマッチすれば、楽天ポイント目的での契約もありかもしれない。

格安SIMで唯一、無制限のかけ放題がある

現在、格安SIMの中で「無制限のかけ放題」があるのは楽天モバイルだけである

他社の格安SIMでは最高で10分までのかけ放題であるので、電話番号を使用した音声通話で時間を気にすることなく電話がしたい人には最適だと言えるだろう。

このかけ放題オプションは楽天でんわアプリを利用して電話をする必要があるが、電話回線を利用しているため途中で途切れる心配もなく、相手へも自分の電話番号が通知されるので安心だ。

ただし、auやドコモなどはかけ放題もVoLTEに対応しているが楽天モバイルのかけ放題はVoLTEには対応していない。

キャンペーンで安くスマホ端末が買える

楽天モバイルでは年中スマホ端末のセールをやっており、特に「掘り出し物セール」はお得度が非常に高い。

しかも、最新機種も含めてセール価格で売り出されている。

特に音声通話SIMとの同時購入で一括払いであると、格安SIMやネット通販を含めても最安で購入が可能だ。

時期によってセール端末や料金は変動する為、自分の欲しい端末が安くなった時が買い時である。

楽天モバイルのセール端末は以下のリンク先で確認可能。

*楽天モバイル:セール情報詳細ページ

楽天モバイルのデメリット

通信速度は遅め

楽天モバイルの通信速度は平日の昼時に低下する傾向がある。

以下の楽天モバイルの速度を管理人が実際に測定した結果を見て欲しい

ダウンロード速度
AM8:00 10.70Mbps
AM10:00 7.99Mbps
AM11:00 2.23Mbps
AM12:00 0.87Mbps
PM13:00 1.12Mbps
PM14:00 3.12Mbps
PM17:00 6.09Mbps
PM18:00 3.32Mbps
PM19:00 5.10Mbps
PM20:00 9.60Mbps

*2017年4月27日、新宿にてiPhone7を使用して測定

この結果を見てもらえば分かると思うが、平日の昼時の速度は1Mbps以下にまで低下してしまう。

実際に楽天モバイルを使用していると、昼時はウェブサイトの閲覧程度なら可能だが、標準画質以上の動画のスムーズな視聴やゲームアプリの利用などは不可能であった

ただし、昼以外の時間帯であれば問題なくネットの利用は出来る為、昼にどうしても動画を観たい人以外は問題ないだろう。

*ちなみに、現在の格安SIMで昼時も動画のスムーズな視聴が出来るレベルの通信速度が出るのはUQモバイルだけである。

詳しくはUQモバイルの評価とメリット&デメリットを参考にして欲しい。

コミコミプランはお得ではない

楽天モバイルのコミコミプランは「1年目は月額料金が安く抑えられる」ため一見すると割安感がある。

しかし、2年目以降は月額料金も上がり注意点や落とし穴も多く存在するため大きなメリットがあるとは言えず、格安SIM初心者が一見して「勘違い」をし飛びついてしまうような印象を受けてしまうのも否めない。

加えて、現在コミコミプランとセットで購入できる端末の多くが楽天モバイルの「セール対象端末」となっており、コミコミプランに入らなくても安く購入できる

そのため、基本プランへの加入で端末を購入した方は絶対お得だろう。

ただし、希望端末がセールで購入できず、現在の月当たりの通信量が2GBまたは4GB、通話がそこそこ多い、また2年間は楽天モバイルを利用する予定で希望する端末と一致する場合はコミコミプランを検討する価値は多少なりともある。

逆に、上記の条件に1つでも当てはまらないものがあれば、長期間縛られるコミコミプランではなく通常の基本プランを検討する方が良いだろう。

総合評価とまとめ

楽天モバイルの料金プランの特徴やメリットデメリットはお分りいただけただろうか。

以上を考慮し、他社の格安SIMとも比較すると楽天モバイルが向いている人は

・昼時の通信速度を重視しない

・楽天市場を多用している

・楽天ポイントで料金を支払いたい

・格安SIMで無制限のかけ放題を使用したい

このような人には楽天モバイルがお勧めできる。特に楽天市場を多用する人にとってはメリットも多いため、楽天ポイント目的での契約も十分に恩恵を受けることが出来るだろう。

*公式サイト:楽天モバイル

【ポケットに入れる】