【2017年3月〜】auからUQモバイルへ乗り換え時の冷遇処置が撤廃される

これまでのUQモバイルのauユーザーに対する冷遇

auユーザーだけはキャンペーンが非適応だった

これまで、UQモバイルは「auからの格安SIMへの流出を防ぐ目的」のために「auからのMNPによる乗り換え(転入)については、おしゃべりプラン/ぴったりプランの割引(スマトク割)適用の対象外」としていました。

これにより、auからUQモバイルにMNPで乗り換えし「おしゃべり/ぴったりプラン」で契約した場合は、通常料金よりも月額1000円も高くなり、加えて「データ容量増量キャンペーン」なども適応範囲外だったのです。

上記の理由から、今までのUQモバイルは「auユーザーに対してだけあまりにも理不尽な冷遇処置」を行なっている印象がありました。

auユーザーに対する冷遇を撤廃

auユーザーに対する冷遇処置を撤去

しかし、UQモバイルでは2017年3月1日より「auからのMNP乗り換えの場合でも、au外からのMNP時と同様に各種割引とデータ通信量の増量キャンペーンなども適用する」とルールを改良したのです。

つまり「auユーザーに対する冷遇処置を撤廃」したのです

これにより、今まで「UQモバイルの最大デメリット」であった

「auからのMNP乗り換えの場合は、docomoやソフトバンクからのMNP乗り換えに比べて料金が高く、同じ料金プランでも利用できるデータ通信量が少ない」

というデメリットが無くなりました。

公式サイトの発表について

公式サイトのFAQ(内容が更新されていない)にあるように、従来はauおよびau回線を利用したMVNOからUQ mobileへのMNP転入は「スマトク割」による割引が適用されなかったほか、データ増量キャンペーンも適用対象外となっています。

 
2017年3月1日以降は
 
「auからの乗り換えでもスマトク割の割引対象」となるうえ「データ増量キャンペーンによってデータ通信量が通常の2倍適用される」
 
ように方針が変更。ただし、現時点ではキャンペーン扱いとなっています。
 
*参照:UQモバイル公式サイト
 

UQモバイルが冷遇処置を撤廃した理由は?

UQモバイルはauの子会社

元々UQモバイルはauの子会社です。

従来はUQモバイルでは「親会社であるauからの乗り換え」については歓迎していませんでした。
 
その理由は、UQモバイルがauの子会社であるため「auからUQモバイルへ乗り換え者が増加した場合、親会社のauの会社利益が減ってしまう」からです。
 
そのため「auユーザーはできる限りauに留めておき、最大の利益を得たい」という会社方針をとっており、UQモバイルの立ち位置としては「auユーザーが他社の格安SIMへ逃げないようにするためのストッパー」的なものでした。
 

格安SIM戦国時代に突入

しかし現在、LINEモバイルを始めとする新しい格安SIMが続々と新しい魅力的なサービス内容をひっさげて格安SIM業界に進出してきているため、auユーザーの流出に歯止めは利かなくなってきています。
 
しかも、au回線を利用しているもう一つの格安SIMであるmineo(マイネオ)が勢力を拡大してきているのも大きいでしょう。
 
 
auユーザーが「UQモバイルではスマホ代を安くできない」ことを理由に、続々と他社グループの格安SIMへと乗り換えます。このままではauユーザーの流出が止まらないどころか、UQモバイルの存続さえも危ういと危機を感じたのでしょう。
 
そのため、契約者一人あたりの利益が減少する結果になっても「他社に転出されるよりはau系列(UQモバイルのこと)で継続利用してもらったほうがマシ」だと考えた結果だと思われます。

まとめ

 
格安SIMの認知度が上がるにつれ、auを始めとするキャリアから格安SIMへの流出は歯止めが効かず加速する一方です。
 
この格安SIM戦国時代を勝ち抜くために、UQモバイルもauユーザーだけを差別化するなどの悠長なことをしてられなくなってきた印象があります。
 
 
格安SIMの多様化が進み、さらには国民的に圧倒的な認知度を誇るLINEから格安SIM「LINEモバイル」が登場したことにより今まで格安SIMを知らなかった層にも認知度が広まっています。
 
このような状況を考えると、これからは「本当にユーザーのことを考えた通信会社」が生き残っていくと思われます。今までのUQモバイルのように「ユーザーにとって不利益な制約」などをしていたら、正直あっという間に淘汰されていくでしょう。
 
 
 
UQモバイルは格安SIMの中では「通信速度が速く安定している」という大きなメリットもあります。UQモバイルの料金プランや自分の利用状況などがマッチすれば、非常に使い勝手のよい格安SIMでもあると思います
 
だからこそ、今回のデメリットの改良は「UQモバイルへの乗り換えを考えていたauユーザー」にとって「乗り換え先を気にせず選べるようになった」というのは大きいですね。
 
 
【UQモバイルを検討している方は以下も参考にどうぞ】
 
UQモバイルの複雑な料金プランを丁寧に解説
 
他社には無いUQモバイルのメリットとデメリットについて
 
 
参照:UQモバイル公式サイト