【徹底解説】UQモバイルの評価/評判とメリット&デメリット

この記事では、UQモバイルの料金プランやオプションを他社の格安SIMと比較しUQモバイルならではの特徴やメリット/デメリットを解説していく。

またUQモバイルの速度についても、実際に速度を計測することで評価を行う 

UQモバイルを始めとする格安SIMへの乗り換えを検討している人の役に立つ記事となっているため、是非とも最後まで目を通していただきたい。

UQモバイルの特徴

まずはUQモバイルの特徴を簡単に説明すると

・au回線を使用した格安SIM

・格安SIMの中で最上位の通信速度(しかも安定感抜群)

・データ容量無制限プランあり

この3つがUQモバイルの特徴であり強みである。

UQモバイルの料金プラン

まずはUQモバイルの料金プランについて。

UQモバイルでは大きく分けて、シンプルな「基本プラン」と無料通話とデータ通信がセットになった「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」の二つがある。

【UQモバイルの基本プラン】

  データ通信専用 音声通話付き
データ容量3GB 980円 1680円
データ容量無制限*1 1980円 2680円
通話料 20円/30秒
SMS機能 無料 無料
最低利用期間 無し 12ヶ月
解約金 0円 9500円

*1:データ容量無制限プランでは、通信速度が500Kbpsに制限されている(常に速度は500Kbpsで安定)

【ぴったり/おしゃべりプラン】

UQモバイルでは音声通話を多用する人向けに「無料通話とデータ通信がセット」のプラン。

データ容量と無料通話時間によって「S・M・L」の3つが選べ、無料通話も「通話パック」と「5分以内のかけ放題(国内通話)」のどちらかを選ぶことが可能である。

※無料通話の2タイプは毎月変更可能

  プランS プランM プランL
月額料金※1 1980円 2980円 4980円
データ容量※2 2GB 6GB 14GB
SMS機能 無料
ぴったりプラン※3 無料通話
最大60分
無料通話
最大120分
無料通話
最大180分
おしゃべりプラン 5分以内の国内通話かけ放題

※1 14か月目以降は+1000円
※2 26か月目以降はそれぞれ1GB、3GB、7GBにダウン
※3 26か月目以降はそれぞれ最大30分、60分、90分にダウン

UQモバイルのぴったり/おしゃべりプランはシステムが複雑すぎるため別記事(UQモバイルのおしゃべり/ぴったりプラン解説)で詳しく説明している。このプランへの乗り換えを検討している人がいたら、必ず目を通して欲しい。

ちなみに、おしゃべり/ぴったりプランは音声通話を良く使う人向けのプランであるため、音声通話をあまり使わない人にはおすすめできない

UQモバイルのメリット

ここではUQモバイルを他社の格安SIMと比較した際のメリットを説明していく。

①通信速度が格安SIM最速

UQモバイルの一番のメリットは何と言っても通信速度の速さと安定感である。

以下は実際にUQモバイルの通信速度を計測した実測値である

ダウンロード速度
AM8:00 15.09Mbps
AM9:00 20.10Mbps
AM10:00 17.99Mbps
AM11:00 17.23Mbps
AM12:00 19.87Mbps
PM13:00 18.12Mbps
PM14:00 22.12Mbps
PM17:00 20.09Mbps
PM18:00 16.32Mbps
PM19:00 17.10Mbps
PM20:00 24.60Mbps

*2017年4月27日、東京都内にてiPhone7で計測

格安SIMには「昼休み時に通信速度が非常に遅くなる」といったデメリットがあるが、UQモバイルでは昼時も18Mbps以上の速度が維持されている。

ちなみに、ITmediaの速度比較でも、同様にUQモバイルが抜きん出ていたため、今回の結果は偶然ではないだろう。

現在、昼時も動画を快適に観れるほどの通信速度を維持しているのはUQモバイルだけである。

そのため、昼も動画が観たいなど「速度を最重視」するのであれば現時点ではUQモバイル一択しか選択肢は無い。

*au回線を使用している格安SIMにはmineoやIIJmioもある。

両社ともに通信回線の品質はなかなか優れているが、残念ながら平日の昼の時間帯に通信速度が遅くなってしまうというデメリットがある。

②データ容量無制限プランが使える

UQモバイルの基本プランではデータ容量無制限プランが安価で用意されている。

このプランでは「通信速度が500K(0.5M)bps」に制限されているのだが、実際に無制限プランを利用してみるとYoutubeの通常画質(360p)、NetflixやAbemaTVでほぼスムーズに再生が可能であった。(時々読み込みが入るがほとんど気にならない程度であった)

動画がスムーズに視聴可能なのは、実測500Kbpsの割にUQモバイルの回線の質が良いため、0.5Mbpsに速度制限されていても通信が途切れないことが理由だろう。

ちなみにウェブサイトの閲覧なども当然問題は無いが、「アプリゲーム」では読み込みの遅さを感じたためゲームをするのには向いていない。

また「テザリング」でネットを無制限に利用したいという人もこのプランは向いていないと言える。0.5Mbpsという速度はスマホでは問題なくスムーズに再生できる動画であっても、PCでは話は別だからだ。

つまり、このプランはスマホでYoutube(標準画質360pで)を見続けていたい人におすすめのプランである。

また、音楽配信性サービスを利用している人も、データ容量の消費を気にすることなく聴き続けることが出来ることも評価できる点であろう。

参照:UQモバイル公式サイト

③2年縛りでも良ければiPhoneSEを最安で購入可能

UQモバイルではiPhoneSEを扱っており、一括購入であれば、端末代が50400円とアップルストアの正規料金より割高に設定されている。

しかし、UQモバイルでiPhoneを購入した場合、先に挙げたおしゃべり/ぴったりプランを格安で利用可能なのだ。

iPhoneSEを一括購入しおしゃべり/ぴったりプランに加入した場合は以下の料金が適応される

プランS プランM プランL
1年目 880円 1880円 3880円
2年目 1880円 2880円 4880円

UQモバイルでiPhoneSEを購入して2年使った場合と、アップルストアでiPhoneSEを購入し格安SIMを契約して2年使った場合では大きな料金差が出る。

例えば「プランSを2年間契約した場合」と「mineoの音声通話SIM3GB(1510円)+5分かけ放題(850円)を2年間利用した場合」を比較してみると

UQモバイル mineo
iPhoneSE32GB 50500円 44800円(アップルストアで購入)
2年間の料金

880×12+1880×12

=33120円

2360円(1510円+850円)×24

=56640円

端末+利用料金 83620円 101440円

UQモバイルでiPhoneSE32GBを一括購入し、プランSを2年間使用した場合

iPhoneSE32GB:50500円

2年間のプランSの利用料金:880×12(1年目)+1880×12(2年目)=33120円

iPhoneSE代+2年間の利用料合計:83620円

iPhoneSE32GBをアップルストアで購入し、mineoでデータ容量3GB+かけ放題(5分以内)を2年間使用した場合

・iPhoneSE32GB:44800円

・月額料金:1510円(音声通話SIM3GB)+850円(かけ放題)=2360円

・2年間の利用料金:2360×24=56640円

iPhoneSE代+2年間の利用料合計:101440円

→お得度:101440円-83620円=17820円

このように、UQモバイルでiPhoneSEを購入した場合の方が2年間合計で17820円安くできる。

だが、mineoの方がデータ容量が1GB多いのと、アップルストアで購入したiPhoneSEは完全なSIMフリーである点はmineoの方が利がある(*UQモバイルは181日目以降でSIMロックの解除が可能)

しかし、同内容のプランであれば、どこの格安SIMの料金プランと比較してもUQモバイルでiPhoneSEを購入した場合の方が15000円程度安くすることが可能だ。

これはプランS〜プランLのどのプランを選択した場合でもお得度は約15000円程度で変わりはない。

④無料で15日間お試し可能

UQモバイルでは「Try UQ mobileレンタル」というサービスがあり「15日間無料」で試すことができる。

登録料、レンタル料、通信料、配送費用も無料というのは驚きだ。完全無料で15日間使えてしまう。

とりあえずUQモバイルの使い勝手を試し、評判と違えば返却するということが出来るのは嬉しいサービスである。

参照:UQモバイル公式サイト

UQモバイルのデメリット

UQモバイルのデメリットについても解説していく

①基本プランのデータ容量の選択肢が少な過ぎる

通常、格安SIMでは自分の利用するデータ量に合わせてプランが選べるように、データ通信量に応じて細かく設定されている。

だが、UQモバイルの基本プランでは「データ容量が3GBプラン」と「使い放題プラン」しかない。ちょうどいいデータ量である5GB辺りが無いのは非常に残念である。

おしゃべり/ぴったりプランではデータ通信量を「2GB/6GB/14GB」から選べるが、このプランには上述したような大きなデメリットも存在するので、気軽に選ぶことは出来ない。

格安SIMは「手軽さ。気軽さ」が重要なポイントだ。

基本プランを1GB/3GB/5GB/10GBといった具合にデータ容量を細かく設定してくれたら更に使いやすくなり、ユーザーも増加すると思われるのだが・・・・非常にもったいない点である。

②プランによっては最低利用期間がある

【各プランの最低利用期間と違約金一覧】

最低利用期間 違約金
基本プラン(データ通信専用) 無し 0円
基本プラン(音声通話付き) 12ヶ月 9500円
おしゃべりプラン 2年 9500円
ぴったりプラン 2年 9500円

【解説】

基本プランの場合は「データ通信専用プラン」であれば最低利用期間は無いため、いつ解約しても違約金は発生しない。

音声通話付きプラン」の場合は最低利用期間が12ヶ月のため、契約してから12ヶ月以内の解約の場合は違約金が9500円発生してしまう。13ヶ月目以降であれば「いつ解約しても違約金は発生しない」ので安心である。

*ちなみに他社の格安SIMでも「音声通話付きプラン」の場合はだいたい12ヶ月の最低利用期間と9500円程度の違約金を設けているので、これはUQモバイルだけのデメリットだとは言えないだろう。

おしゃべり/ぴったりプランには2年毎の自動更新あり

おしゃべり/ぴったりプランの場合は「最低利用期間が2年間」で設定されている。そのため2年以内での解約の場合は違約金9500円が発生してしまうので注意したい。

一番注意しなければならない点は、このプランではキャリアと同じように「2年ごとに自動更新される」という点だ。

さらに「3年目以降は規定のデータ通信量と無料通話分が半減される」という謎に大きなデメリットも潜んでいる。このルールは必要なのか?と首をかしげざるを得ない。せっかくUQモバイルを利用してくれているユーザーを見放すようなルールだ。

そのため「2年間だけ利用して他社に乗り換えする場合」ならこのデメリットを受けずに済む。しかし、3年以上利用することはやめた方が良いだろう。

満2年で乗り換えする人専用プランだと言っても過言では無い。

参照:UQモバイル公式サイト

総合評価とまとめ

UQモバイルの特徴やメリット・デメリットはご理解いただけただろうか?

UQモバイルの通信回線は、通信速度と安定感が非常に優れているので、昼の速度が遅い他社の格安SIMからも「UQモバイルに乗り換えたい」と思っている潜在ユーザーは多い。

しかし、「安さを追求する人」にとってはUQモバイルは使い勝手が良いとは言えないのも事実である。

管理人的にUQモバイルをお勧めできる人は

・通信速度を最重視する人

・安く、適度な速度で動画を無制限に見たい人

・iPhoneSEを購入して格安SIMへの乗り換えを検討している人

このような人にはUQモバイルがぴったりだろう。

上記の条件に当てはまる場合は、UQモバイル一択で問題ない。安心して公式サイトより申し込んで欲しい。

公式サイト:UQモバイル

【最後に】

通信回線の質の維持と向上により格安SIMの中で「速度帝王」としての地位を築き上げてきたUQモバイル。

格安SIMとは切り離せない「昼時の速度低下の問題」もUQモバイルだけは我関せずの状態だ。

サービス展開次第では更にシェアを獲得していくと予想される。今後の活躍にも期待していきたい所だ。

【ポケットに入れる】