Ymobile(ワイモバイル)の評価/速度の評判とメリット&デメリット

この記事ではワイモバイルの料金プランを他社の格安SIMと比較し、ワイモバイルならではの特徴やメリット、デメリットを解説していく。

Ymobile(ワイモバイル)の特徴

・通信速度がキャリアと変わらない速さ

・Yahooプレミアムに無料で加入できる

・キャリアと比べると料金は安いが、格安SIMとしては高く融通も効かない

Ymobile(ワイモバイル)の料金プラン

ワイモバイルの料金プランは10分かけ放題付きのプランのみであり、データ容量に応じてS/M/Lの3つのプランがある。

音声通話付き 月額料金 データ量 最低利用期間 解約金
スマホプランS 1年目1980円/月 2GB/月

2年間

2年毎に自動更新

9500円
2年目2980円/月
3年目以降2980円/月 1GB/月
スマホプランM 1年目2980円/月 6GB/月
2年目3980円/月
3年目以降3980円/月 3GB/月
スマホプランL 1年目4980円/月 14GB/月
2年目5980円/月
3年目以降5980円/月 3GB/月
 

ワイモバイルではワンキュッパ割、スマホプラン割引(期間限定キャンペーン)などがあるが、上記はそれらの割引を全て含めた最終的な月額料金である。

【初期費用】
・契約事務手数料 3000円

【通話料】
・10分以内の国内電話は月300回まで無料。10分を超えると、それ以降は20円/30秒

【通信制限(規制情報)】
・高速データ通信量を使い切った場合は通信速度は128kbpsに制限される。

Ymobile(ワイモバイル)のデメリット

ワイモバイルを格安SIMとして考えた際に、ワイモバイルならではのデメリットは多く存在する。

①基本プランが無い

ワイモバイルでは格安SIMでいうところの基本プランが無い。

通常の格安SIMではデータ通信のみのプランや、データ容量に合わせて音声通話付きプランも選択することができる。また、かけ放題はオプションとして別に用意されており必要に応じて加入することが出来る。

しかし、ワイモバイルでは10分かけ放題付きのセットプランしかない。プランの選択肢は全ての格安SIMの中で最も少ない。

加えて、ワイモバイルのスマホプランには全て自動更新の2年縛りがある。キャリアの悪い部分はしっかり引き継がれている印象だ。

②10分かけ放題は他社にもある

ワイモバイルの一番の強みでもある回数無制限の10分かけ放題は、他社の格安SIM(OCNモバイル、IIJmio)でもオプションとして導入している。

しかもIIJmioとOCNモバイルでは、それぞれ月額+850円程度で10分かけ放題をつけることが出来ることに加えて2年縛りも無い。

③データの繰り越し不可

ワイモバイルでは余ったデータ通信容量を翌月に繰り越すことは出来ない。

例えばスマホプランMでは月に6GBまでデータ通信することが出来るが、実際に1ヶ月に使用したデータ通信量が2GBだとしても、余った4GBは繰り越しできずにリセットされてしまう。

他社の格安SIMではほとんどの場合データ容量の繰り越しは可能であるので、ワイモバイルのデータ通信は使い勝手が非常に悪いと言わざるを得ない

しかもデータ容量を使い切ってしまった場合は、ワイモバイルでは通信速度を128Kbpsに制限されてしまう。

この128Kbpsという亀もビックリの低速度では何もすることが出来ない。他社の格安SIMの低速モードでは通常200Kbps、中には300Kbpsのところもあるため、ワイモバイルの低速モードが全くもって使えないものであるのかよく分かるだろう。

④iPhoneでテザリングを使えない

ドコモ回線の格安SIMとau回線でもUQモバイルの場合はiPhoneでテザリングを使用できる

しかしながら、ワイモバイルではiPhoneを使用する場合にテザリングを使用することは出来ないのでiPhoneを利用してのテザリング機能を求めている人には注意してほしい。

Ymobile(ワイモバイル)のメリット

一応、ワイモバイルにも少ないながらもメリットはある。

①通信速度がキャリア並みに速い

ワイモバイルの通信速度はキャリアと比較しても遜色が無いほど速い。

この点に関しては他の格安SIMでは敵わないように思えるが、実はUQモバイルもワイモバイルと同程度に速く安定した通信速度を誇る。

よくUQモバイルとワイモバイルは同系列に考えられるが、UQモバイルでは基本プランも用意されているため使い勝手は遥かに良い。

しかも、UQモバイルの基本プランでは2年縛りも無く、他の格安SIMと同様に手軽に使うことが出来る。

②Yahooプレミアムに無料で加入できる

ワイモバイルを契約した場合、Yahooプレミアムに無料で加入できる

YahooプレミアムではYahooショッピングでもらえるポイントが5倍になるため、Yahooショッピングを多用する人にはメリットがあるだろう。

しかし、アマゾンや楽天市場を普段メインに使用している人にとっては何もメリットは無い。

総合評価とまとめ

以上のようにワイモバイルを格安SIMとして考えた場合ではデメリットばかりでメリットは非常に少ない。

最大のメリットである通信速度の速さに関しても、UQモバイルと同レベルであり、しかもUQモバイルの方が基本プランが充実しており格安SIMとしてはUQモバイルの方が優秀である。

ワイモバイルのメリットはYahooプレミアムに無料で加入できるということだけであろう。

ただしワイモバイルをキャリアとして考えると、他社のキャリアよりは安くできる。

さらに突っ込んで言えば、格安SIMを知らない人が家電量販店やワイモバイルショップなどで「ソフトバンクよりも安くできる」などという売り文句にひっかかってしまいワイモバイルを契約してしまうといったところだろうか・・・・